CroppicControl

Page not available in English



CroppicControlを使用すると、Web上でイメージを切り取ったり、拡大、縮小したりすることが可能です。これらは簡単な操作で実施することが可能です。     プロパティ
  • Width: 幅をピクセルで指定します。
  • Height: 高さをピクセルで指定します。
  • Crop Width: イメージセクションの幅を指定します。
  • Crop Height: イメージセクションの高さを指定します。
  • Generate Image Width: 生成するイメージの幅を指定します。
  • Generate Image Height: 生成するイメージの高さを指定します。
  • Upload Folder: イメージを保存するディレクトリを指定します。
  • Crop Image Path: イメージを作成するパスを指定します。

 

使用方法

Toolboxよりコントロールを選択して、Web Panelに設置してください。  
            KBに格納されたコントロールは、cropImageとcropImageJavaという2つのプロシージャ-を持っています。2つのプロシージャ-は、イメージの選択と編集、イメージの合成と保存を実施します。   またコントロールを設置すると、Web PanelにはImagePath変数とOnImageCropイベントが追加されます。 ユーザーがコントロールを実行すると1度だけイベントに指定された処理が実行されます。ImagePath変数には、コントロールによって作成された新しいファイルのパスが格納されます。  
Event croppicControl1.OnImageCrop
    msg(&ImagePath)
EndEvent

 

コントロールを実行するためには のボタンをクリックして編集を開始します。 をクリックすると編集後の画像が生成されます。